事業者とクリエイターの協業事業

水野谷鶏卵店 ウォード嘉代 x ラグソール 小野成弘

  • TOP
  • 事例
  • 水野谷鶏卵店 ウォード嘉代 x ラグソール 小野成弘

水野谷鶏卵店 ウォード嘉代 x ラグソール 小野成弘

10年以上つかってきたイラストも活かしつつ
新たなデザインを

事業内容

  • 商品名

    黒鶏のたまご

  • 依頼内容

    ダンボールパッケージデザイン

  • 制作期間

    5ヵ月

CLIENT
事業者 有限会社水野谷鶏卵店 ウォード 嘉代(西白河郡)

水野谷鶏卵店はネラという品種の黒鶏を飼育し、たまごを販売しています。飼育数で水野谷鶏卵店は実は日本一です。優しい甘さとコクがうちのたまごの魅力です。
ふくしまクリエイターズバンクはDMで届いて見たのがきっかけです。10年以上使用していたデザインを変更したいと考えていたタイミングでした。
「今までのデザインより高級感がありつつ、親しみやすいパッケージ」という曖昧な依頼にも関わらずクリエイターの小野さんは丁寧にたくさんのイメージからこちらが望むイメージを絞ってくれました。最終的には、以前のパッケージに入っていたイラストを活かしつつ、全くイメージの異なるデザインが完成しました。
ロゴマークの中には、水野谷の「水」がこっそり隠れていたり、家紋を少しモチーフにしたデザインが入っていたり、クリエイターの小野さんが細かにデザインしてくれました
ニワトリの絵は、甥が小さい頃に描いたものを使用していたのでまさか新しいパッケージにも活かされるとは思っていませんでした。イメージしていた以上のデザインが完成し、クリエイターズバンクでお願いして大変満足しています。

完成したパッケージデザインを見た姉は「まさにこれよ!」と大絶賛でした。お客様からも「変わって素敵になったね」とお声をいただいています。

加工品のパッケージデザインにも展開し、今後名刺も新しくする予定で、水野谷鶏卵店のブランドイメージとして使用していきたいと思っています。

CREATOR
クリエイター  株式会社ラグソール 小野成弘(福島市)

水野谷鶏卵店様では長い間、卵のダンボール箱に甥子様が描かれた黒鶏の絵をロゴマークとして使用されていました。
そこには黒鶏への素直な愛情や親しみの気持ちが溢れ、初めて見たときから、もしも関わらせていただければとても有難いと思っていました。ですので、このようなチャンスをいただき心から感謝いたします。有難うございました。

具体的なお話しを進める中で「変えるところ」と「変えないところ」がより鮮明になり、パッケージ全体のイメージが固まっていきました。
「黒鶏の卵」の大きな特長の、殻を割った瞬間に目に飛び込む鮮やかな橙色は黒鶏が育つ中島村があってこそだと思います。

CONTACT
応募詳細/お問い合わせ

応募詳細はこちら

事業者の方はこちら
クリエイターの方はこちら

その他のお問い合わせはこちら

その他のお問い合わせはこちら

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。